コロナの時代の・・

眠れぬままに夜の海・・

目が覚めて眠れぬままに夜の海みていたと聞けば何かせつない うっ血性心不全で入院した時は、まだ自分の足で病院内を歩くことができた。 海の見える新しい病院の階上に行って、ずっと海を見ていた、という。 今は、ベッドの中で、寝返りを打つことさえ出来ず…

ヒロさんへの手紙

歩けることよりも良いものが・・

「イエス・キリストの名によって」(使徒言行録 3:1〜10より) お読みいただいた聖書の箇所は、足の不自由な男が使徒ペトロによって癒された記事である。このところから、わたしたちの教会が果たすべき責任とは何なのかをご一緒に学びたい。 使徒言行録は、…

『コレラの時代の愛』と「コロナの時代の・・」

時間が遅々として進まないように思える。永遠にこの状態が続くようにさえ思える。それでいて様々な煩いが四方から押し寄せてくる。 主よ、いつまでなのですか。(詩編6:4 聖書協会共同訳) 主よ、悪しき者はいつまで 悪しき者はいつまで勝ち誇るのでしょうか…

神の御言葉によって・・

2月22日未明、救急車で運ばれ、午前3時の時点で人工呼吸器をつけて延命措置に入った。帰る前にSCUに入り、「エレミヤ、楽しみにしていたからね(「ローマの信徒への手紙が終わったら、エレミヤ書を礼拝でやりたいと思っている」と話していたのだった)。頑張…

失うのが怖かったから・・

失うのが怖かったから自分から離れていこうとしていたのだ。 4月初めから微熱が続いていたようで、30日、病院から呼び出しがかかった。今後の主治医の治療方針を聞いた後、「この後、10分間だけ会って頂きます」と言う。これが最後かも知れないから会わせて…

いつか自ら命を絶つと・・。

夫もいつか自ら命を絶つのではないかと、私はずっと恐れていたのだ、きっと。 いつの間にか、居場所になっていたのだ、この人の傍らが・・。